事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージ。それが、“Toyota Safety Sense C”です。車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の高い事故に対応する3つの先進安全機能をパッケージ化しました。同時に、各機能の信頼性を高める高精度な検知センサーを新開発。いま最先端の技術革新の成果を組み入れ、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。

*1. 先行車発進告知機能は設定されておりません。
Toyota Safety Sense C(イメージ図)

しっかりと前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。

“Toyota Safety Sense C”は、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。
プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。
プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、約15km/h~140km/h*1の車速域で警報を発して回避操作を促します。その際、約30km/h~80km/hで走行中にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します。仮にブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキは約10km/h~80km/hの幅広い速度で作動し、たとえば停止車両に対し自車速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避、あるいは衝突被害軽減を支援します。

*1. 公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。
■警報は自車速度約15km/h~140km/h*1、自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
■数値はトヨタ測定値。
レーンディパーチャーアラート

車線逸脱による事故を未然に防ぐために。
レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート*1は道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

*1. 車線逸脱警報。
■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
オートマチックハイビーム

夜間の歩行者などの早期発見に貢献。
オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h以上で作動します。
​​​​​​■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
Euro NCAP(ユーロエヌキャップ)で最高ランクの5つ星を獲得

ヨーロッパが認めた高度な安全性能。
Euro NCAP(ユーロエヌキャップ)で最高ランクの5つ星を獲得

欧州諸国の運輸関連省が定めた新車の評価基準に基づいて実施される安全性能評価。厳格さに定評があり、「世界でもっとも権威のある安全試験のひとつ」とも言われています。「乗員(成人)保護」、「乗員(子供)保護」、「歩行者保護」、「安全補助」の4項目でテストを実施。アベンシスは最高評価の5つ星を獲得しています。
JNCAP

JNCAP*1予防安全性能評価*2において、2015年度最高ランクの「ASV+」を獲得*3

*1. 自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2. 予防安全性能評価:JNCAPに2014年度より導入され、以下の項目により車両の予防安全性能を、2016年度から「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。
①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>
②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>
③後方視界情報提供装置<バックモニター等>(2015年度から追加)
④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティシステム>(2016年度から追加)
*3. Toyota Safety Sense C搭載及びバックカメラ装着車
Xi。ボディカラーはスーパーホワイト2〈040〉。

エコロジーと先進性を追求。
Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)

ハイビーム・ロービームを1つのバルブで切り替え、前方を明るく照射しながら省電力に寄与します。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。
インテリジェントAFS*1

夜間のコーナリング時、カーブの先を照らす。
インテリジェントAFS*1

夜間のコーナリング時、ステアリングの切れ角や車速に応じてヘッドランプ(ロービーム)を左右に動かし、進行方向を照射。交差点やカーブの先にある情報や歩行者をいち速く知ることができます。

[Liに標準装備]
*1. AFS:Adaptive Front-Lighting System

滑りやすい路面等で走行安定性を確保。
S-VSC*1(ステアリング協調車両安定性制御システム)

ステアリング制御(EPS*2)、ブレーキ制御(ABS*3、VSCなど)、駆動力制御(TRC*4)を協調して制御します。滑りやすい路面でのコーナリング時などに、車両の挙動が安定する方向に操舵トルクをアシスト。状況に応じた発進、加速、旋回安定性が得られます。
*1.S-VSC:Steering-assisted Vehicle Stability Control
*2.EPS[電動パワーステアリング]:Electric Power Steering
*3.ABS:Anti-lock Brake System
*4.TRC:Traction Control

シートベルトとあわせて、前方や側面からの衝撃を緩和。

SRS*1エアバッグ(運転席・助手席)
SRSニーエアバッグ(運転席)

万一の衝突時に前方からの強い衝撃に対して作動。SRSエアバッグはシートベルトの働きと合わせて、頭や胸への重大な傷害を軽減します。運転席には、前後シートスライド位置によってエアバッグの展開を調節するデュアルステージエアバッグを採用しています。SRSニーエアバッグは下半身(主に膝)を拘束して、シートベルトの働きを補助し、乗員の保護に寄与します。

SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

車両側方からの衝突によって強い衝撃を受けた場合、SRSサイドエアバッグは乗員の胸部への衝撃を緩和します。SRSカーテンシールドエアバッグは、フロントピラーからルーフサイドレール部に格納されたエアバッグが乗員頭部の側面を覆うように広がり、頭部への衝撃を緩和します。
*1.SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
■SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
■すべてのSRSエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。
■チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしない、前席にはアベンシス専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
WILコンセプトシート(運転席・助手席)

むち打ち傷害の低減に寄与。
WILコンセプトシート(運転席・助手席)

後方から衝突された際に背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頸部への衝撃を緩和する構造をもったWIL*1コンセプトシートを採用しています。

*1.WIL[頸部傷害低減]:Whiplash Injury Lessening

さまざまな状況を想定し、安全性を確保。
全方位コンパティビリティボディ構造

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA*1”を進化させ、車重・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティ*2の概念を採り入れています。2トンクラスの車両との衝突を想定し、前面・側面・後面からの衝突安全性能を評価。同排気量クラストップレベルの衝突安全性能を追求しています。
*1.GOA[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]:Global Outstanding Assessment
*2.軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全性を図るという考え方。