走行性能

トヨタが世界に誇るハイブリッド技術の粋が、ここにあります。
ハイブリッド専用V6 3.5Lエンジン
ハイブリッド車のために開発したV6 3.5Lエンジンを搭載し、エンジンとモーターの高効率化を徹底追求したFRセダン専用のハイブリッドシステム。これからの高級車のベンチマークとなる圧倒的な低燃費を達成するとともに、トップ・オブ・クラウンに相応しい優れた動力性能を実現しています。V8 4.6Lガソリンエンジンを搭載した従来型車を凌ぐ加速性能や力強いトルクによるゆとりある走り、静かで滑らかな走行感覚など、卓越したハイパフォーマンスを発揮します。
*1.エンジンとバッテリーにより、ハイブリッドシステムとして発揮できる出力(トヨタ算定値)。
■燃料消費率は、定められた試験条件(JC08 モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります
グリルシャッター

エンジンルーム内に取り込む風を最適制御し、燃費向上に貢献
グリルシャッター

車速やエンジン水温などに応じてフロントロアグリルのシャッターを開閉。エンジンルーム内への風の流入を制御することで、空気抵抗の低減や暖機の促進を図り、燃費向上に貢献します。

次世代D-4Sの採用でハイパワーと低燃費を高次元で両立。
ハイブリッド専用V6 3.5L 2GR-FXEエンジン

エンジン効率を高めるために、アトキンソンサイクル*1の採用や高圧縮比化、低フリクション化を徹底。大幅な燃費向上とエミッション低減を実現しています。加えて、次世代D-4S*2の採用により、ハイパワーと低燃費を高次元で両立。筒内直接噴射、吸気ポート噴射の2つのインジェクターのうち、筒内直接噴射には燃焼効率の向上をもたらす高圧スリットインジェクターを採用。また、2系統の噴射を最適制御することで燃焼を安定化させ、極めて高い熱効率を達成します。

*1.吸気バルブを遅く閉じることで膨張比を大きくとった燃焼サイクル。優れた熱効率の実現や吸排気の際のポンピングロスを抑えることで燃費向上に寄与する。
*2.D-4S:Direct injection 4 stroke gasoline engine Superior version

電気式無段変速機によるシームレスな加速を実現。
3.5L FRハイブリッド専用トランスミッション(電気式無段変速機+8速シーケンシャルシフトマチック)

電気式無段変速機によって途切れることのないシームレスな加速を実現。一方、8速シーケンシャルシフトを使用することで、マニュアルライクなメリハリのある運転感覚も愉しめます。
ハイブリッド専用直4 2.5Lエンジン トルセン(R)LSD付トランスファー
トヨタの技術の粋を結集し、動力性能と低燃費を高次元で両立したFRセダン専用ハイブリッドシステム。その鮮烈のパフォーマンスを様々な走行シーンや路面状況で発揮できるフルタイム4WDです。前後輪にゆたかな動力を配分するトランスファーには、小型・軽量化したトルセン®*2LSD*3を採用。前後輪の車輪速度に速度差が生じると差動し、トランスミッションからの駆動トルクを前後輪に適切に配分します。通常は前後輪のトルクを40:60で配分し、高い走破性を実現。そして、走行条件に応じて前後輪に50:50から30:70の間で瞬時にトルク配分し、自然かつダイナミックな操縦感覚をもたらします。
*1.エンジンとバッテリーにより、ハイブリッドシステムとして発揮できる出力(トヨタ算定値)。
*2.“トルセン®”は株式会社JTEKTの商標です。
*3.LSD:Limited Slip Differential

■燃料消費率は、定められた試験条件(JC08 モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります

4WD用に設計した、燃費と走りに貢献する変速機構。
4WD用トランスミッション(電気式無段変速機+6速シーケンシャルシフトマチック)

優れた低燃費と高度な動力性能の両立に貢献します。

走行状況を車両が的確に把握し、常にエンジンとバッテリーを効率よく制御。
ハイブリッドシステムの動作モードイメージ*1

*1.ハイブリッドシステムの状態や走行状況により、実際の動作モードとは異なる場合があります。
*2.ハイブリッドバッテリーの充電量が少なくなると、停車時でもエンジンがかかり、発電用モーターを駆動させてハイブリッドバッテリーを充電します。また、暖房時や使用状況に応じてエンジンがかかることがあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
*3.状況によりエンジンが作動している場合があります。
*4.ハイブリッドシステムの状態によっては使用できない場合があります。また、走行距離は、ハイブリッドバッテリーの状況によって異なります。
■写真の計器盤は、機能説明のために通常の状態と異なる表示をしています。実際の走行状態を示すものではありません。
悠然と、しなやかに、卓越したパフォーマンスを発揮します。

卓越した走りを支える専用アルミホイールと、静粛性に優れた特殊タイヤを採用。
タイヤ&ホイール

空力アプローチと高接合剛性ボディ

優れた操縦安定性と卓越した走行性能を支える先進技術の結晶。
空力アプローチと高接合剛性ボディ

気流に渦を発生させ、車体を左右から押さえつけるエアロスタビライジングフィンなどの働きが理想的な整流効果を生み、優れた操縦安定性を実現。操舵時のふらつきを抑制します。また、卓越した走行性能を支えるボディのさらなる剛性感向上のために構造用接着材を用い、スポット溶接を90カ所以上追加して接合剛性をアップ。乗り心地の質感と、操舵時の手応え、車両応答性を向上させました。

走りのテイストが思いのままに簡単にチェンジできる。
走行制御モード

シーンに応じて走りのテイストをチェンジできます。トヨタマルチオペレーションタッチで簡単に切替可能。モードごとに背景色が変わる演出も採用しました。
VDIM*1(アクティブステアリング統合制御付)[EBD*2 付ABS&VSC*3&TRC&EPS*4&VGRS*5]
高度な予防安全性と理想的な運動性能を両立させるために、エンジン、ブレーキ、ステアリングなどの機能をひとつのシステムとして統合制御します。従来のEBD付ABS、VSC、TRC、EPSがそれぞれ限界付近で制御を開始するのに対して、VDIMはより早く、限界領域にいたる前に制御を開始して、クルマの挙動をよりスムーズにコントロール。VGRSとEPSを用いて前輪の切れ角と操舵トルクを最適に制御するアクティブステアリング統合制御も搭載しています。

[マジェスタ“Fバージョン”、マジェスタに標準装備]

*1.VDIM:Vehicle Dynamics Integrated Management
*2.EBD:Electronic Brake-force Distribution
*3.VSC:Vehicle Stability Control
*4.EPS:Electric Power Steering
*5.VGRS:Variable Gear Ratio Steering
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。