愛知トヨタ自動車株式会社 2020年度採用サイト

ENTRY

若き課長を中心に、それぞれの個性を生かしたスタイルで活躍する
若手営業マンが揃う旭営業所(尾張旭市)。
年次の異なる4名に、
愛知トヨタの魅力はもちろん、そのキャラクターや営業スタイルの違い、
プライベートでの関係性などを語ってもらった。

MEMBER PROFILE

野村 健二

2003年入社

2018年4月より課長に就任。プライベートでは、週に一度は海に行かないと気が済まないサーファーでもある。

植村 隆広

2011年入社

営業所を和やかにするムードメーカー。最近は社内結婚した妻とのマイホーム購入を考えはじめている。

中村 拓弥

2015年入社

幅広い知識で、営業所のみんなに頼られている。仕事は冷静に、オフは楽しくと、切り替え上手。

山田 隆介

2017年入社

旭営業所の愛されキャラ。休日は、先輩から用具を譲り受けてスノーボード、サーフィン、ゴルフに挑戦中。

THEME1
THEME1

はじめはクルマにまったく興味
なかったのですが、
たまたま友達に
学内での説明会に誘われて、
そこで人事の人と話したのがきっかけですね。

営業をやろうとは思っていて、
クルマが好きだったので。
他の会社も考えたんですけど
国産車がいいなと思い、
トヨタの中でもトップディーラーということで興味を持ちました。

営業でがんばった分が数字として評価される会社として、
ハウスメーカーや保険の営業を考えてました。
クルマが好きというわけではなかったんですけど、
その中で魅力を感じたのが愛知トヨタでした。

ぼくも同じですね。
営業をやることは決めていて、
自動車か住宅のどちらかを考えた
結果、
トップディーラーの
愛知トヨタにしました。

クルマに興味なかった人は
意外と多いですよね。

そうだね。エンジニアは、
クルマ好きが多いけど。
入社までは上下関係の厳しい体育会系の会社のイメージでしたけど、
そんなこともなく。お客さまとの
会話を楽しんでいるうちに
売れるんだなぁ、楽しいなぁという、良い意味のギャップがあって、
クルマにも興味を持てるようになりました。

ぼくもクルマを知らないと売れないのかなと思ってました。
自動車営業は厳しいかなと思っていましたが、
仕事していて楽しいですね。ここに入ってよかったです。

大事なのは知識だけじゃないですよね。
わからないことがあれば、
自分で調べて。知識はやりながら
覚えていったところがあります。
今でも新型のクルマが出ると、
資料を見てどこかが
変わったかは
確認しますね。

新人のときは結構勉強しました。
途中からはただ覚えるというより、
お客さまに迷惑をかけないように
知識を増やすという風に変わりました。
知識より大事なものがあるけど、
無いと迷惑をかけてしまうので。

(山田に)勉強してないでしょ?(笑)

めちゃくちゃしてますよ!
クルマのことばかり考えてます。


THEME2
THEME2
入社後のギャップはありましたか?
入社後のギャップはありましたか?

もともと調子に乗りやすいので、
それは気をつけてます。
簡単に「できます」と言わないとか、
軽い口を叩かないとか。
迷うことであれば、一度ちゃんと
確認するようにしてます。

笑顔で楽しく働くことですね。
ここだけは課長や先輩に
負けないつもりで働いてます。
何でも楽しさを見つけてます。

いつも楽しそうだもんね。

でも、落ち込むとわかりやすい。

そうかもしれないですね。
失敗するたび、
みなさんに助けられてます。

ぼくはトラブルをいかに
起こさないかを考えてます。
その処理がムダな時間になってしまうので。
確認を大切にして、
頼まれごとは絶対に忘れないようにメモをとったり、
後から
ミスがないように振り返ったりするように、いつも心がけてます。

みんな、それぞれのスタイルが
ありますよね。
今はあまり現場に
出ないようにしているけれど、
スピードは
誰よりも早く、
フライングでもいいかなという
感覚でやってました。
1週間後でいいと言われた見積もりをその日に出したり。
遅すぎることはあっても
早すぎることはないですからね。


THEME3
THEME3
それぞれから見た「先輩」「後輩」とは?
それぞれから見た「先輩」「後輩」とは?

あまり話が得意じゃないので、
他の人の電話は盗み聞きしてますね。
話し方やトーンとか、クルマ以外の話とか。
あとは、山田くんの笑顔ですね。
いつもすごいニコニコしているので
意識してます。

(笑顔に)

(山田に)うれしそうだね。(笑)

まだ周りを見ている余裕がないし、
先輩がすごすぎて盗むなんて
できてないです。でも、アドバイスを
自分からもらうようにして、
教わったことはやってみるようにしています。

課長がまだ現場にいたときは、
こそっと見てました。
お客さまと
接する時間の使い方がぼくらとは全然
ちがうんです。
お客さまが来たとき
には、すでに査定書を用意して代替えの
提案をしていたり。土日には、もう
来週の準備に移っていたり。
先を見た時間の使い方が技だと思いました。

特に他の人を参考にしたことは
ないですね。自分が決めたことで、
他の人に追いつけるかを考えてました。
人のやり方を
取り入れすぎると、
売れなくなったときにどこに戻れば
いいか
わからなくなる気がして。でも、
みんなから学ぶことは多いですよ。


THEME4
THEME4
プライベートでの交流はいかがですか?
プライベートでの交流はいかがですか?

自分で言うのはむずかしいですけど、
明るい感じですかね。

ぼくは山田くんの明るさのような
突出しているものがないので、
周りからどう思われてるのか
気になりますね。

中村くんは、いい意味で冷静。
あとはプライベートとちがう。

たしかに、仕事中は余計なことは
話さないようにしてますね。
仕事中はマジメに、
冷静にというのは意識してます。

植村さんは?

んー、後輩から見るとマネしやすい
キャラなのかな。
しっかりしようとしているけど、抜けたところがあるので。
中村くんより、ぼくの方が
マネしやすいかなと思います。

植村さんはみんなと話すのが
すごい好きなので、
営業所をいい雰囲気に
してくれてますね。

ぼくは淡々と仕事をこなす
イメージなのかな。
仕事中はあまりしゃべらないです。
山田には、オーケストラの指揮者と
いうか、
いるだけで背筋が伸びたり、
締まる感じがすると言われました。
怒られると思うのかもしれないですけどね。

怒られても愛情を感じます。
ぼくのために言ってくれているのが
すごく伝わります。

ぼくが入社したときに同じチームで。
黙々と仕事をしているけど、
飲み会ではすごい話してくれるので、
オンとオフの切り替えが上手いなぁと感じてました。

課長になってからも、
スタッフ寄りの立場で
みんなを助けてくれてます。


THEME5
THEME5
それぞれが一番大切にしていることは?
それぞれが一番大切にしていることは?

頼れる人ばかりです。
わからないことは聞きやすいですし。
和気藹々としているだけじゃなく、
やるぞというときは
会議をしたり、
一丸となって働けています。

同じようなイメージですね。
先輩に聞いたらアドバイスを
もらえますし、後輩に教えて
あげるようにしてます。
雰囲気は
すごい良くて、働きやすいです。

あえて悪いところをあげると、
山田と他にも一年目の
若いスタッフがいて明るく元気ですけど、
バタついた忙しい感じは
あるかもしれないですね。

余裕がないので、
バタバタしてしまうんですね。

仲はいいよね。みんなで飲みに
行ったり、旅行に行ったり。
課長になる前から、誰か抜けることなく、みんなでということを
大事にしてました。
やっぱり雰囲気は大事です。
課長になってからも、みんなが巻き込んでくれるので、
すごくありがたいです。

来週はスノボに行ってきます。

ぼくの時計は先輩方といっしょに
買いに行って、
おすすめしてもらったものです。


THEME6
THEME6
若手の今後の目標は?
若手の今後の目標は?

会社自体が競い合うのを
大事にしてますね。うちは営業エリアが
2つのゾーンに分かれていて、他店舗とゾーン対抗で競い合って、
成果がいいと旅行に連れて行ってもらえたりします。
そういうこともあって、
一体感が生まれます。

]

結果がゾーンでも、個人でも、
数字として出てくるので、
ライバル意識は生まれます。

ぼくは同期が気になりますね。
毎月結果が出るので、
その中で上位にいられるようにしています。所内では
山田くんが最近勢いあるので
抜かされないように気にしてます。

(笑顔に)先輩のアドバイスの
おかげです。でも、少しでも
近づいてきたら追い抜いてやるぞって密かに思ってます。

ぼくも同期には負けたくないですね。
後輩でもすごい子がいるので、
気にしてはいます。

みんな潜めてはいるけど、
所内でもライバル意識はあるよね。

(うなずく)

自分もそれを思ってやってました。
周りのがんばりが、
やる気につながってましたね。


THEME7
THEME7
若手の今後の目標は?
若手の今後の目標は?

いろんな会社を見て、
入りたいと
思った会社に入るのがいいと思います。
でも、クルマの営業をするなら
愛知トヨタが絶対にいいと思います。

仕事をするのはつらいこともあるけど、楽しいことも
たくさんあります。
特に営業の仕事は成果がお金に
反映される
ところもあるので、
やりがいのある仕事だと思います。

愛知トヨタは自分のやってきた仕事が、
より結果に出てくる会社だと思います。
周りの応援があるので、
つらいこともあるけど、それ以上に
楽しいことが多いです。
あと自己成長が他の会社よりできるはずです。

愛知トヨタは、やればやった分だけ
成果として現れます。
それに目標を達成したときの達成感は
この上ないものなので、
ぜひ味わってもらいたいです。


サービス課長からのメッセージ

野村課長から、今回の座談会に参加した3名の
営業スタッフのキャラクター、
今後に向けての期待や課題について話してもらいました。

山田へ

いつでも、明るく、元気。愛知トヨタが掲げているATG力というものがあって、その「明るく、楽しく、元気よく」というテーマに一致するキャラクター。営業所を和ませてくれています。同期の中でも上位の営業成績で、今後の愛知トヨタのエーススタッフになりうる存在だと思っています。いずれは年間100台の達成を目指してほしい。課題は整理整頓ですね。デスクが汚かったり、片付けが苦手なので、そこはしっかりしていってほしいです。

中村へ

営業所内で誰よりもクルマに詳しく、何かあれば先輩も中村に聞いてますね。的確に答えていて、営業所の情報発信源です。後輩の指導もよくしてくれるし、みんなが頼りにしています。真ん中より上の立ち位置になってきているので、今後はさらに引っ張っていくスタッフになってほしいです。キャラもあるので、そこまで気にしてませんが、山田のATG力をもうちょっと取り入れられると、さらにいいですね。でも、朝はもう少し強くなってください。

植村へ

話好きで、お客さまに親しみやすいと言われています。後輩にもよく話しかけてくれて、雰囲気をよくしてくれています。愛知トヨタ全体でもトップクラスの営業成績なので、かなり若いのにリーダーという役割を与えられ、それを背負うプレッシャーはあると思うんですけど、もっと後輩を育てていってほしいです。大変かもしれないけれど、がんばった結果として今のポジションに来たので、つぎのステップとして取り組んでいってほしいですね。それが植村自身の成長にもつながっているはずなので。

PAGE TOP