54fun_web_0115
5/15

ランチは熱々のハンバーグが味わえる「陶板ランチ」1,580円や月替わりの「プレートランチ」1,380円がおすすめ。5タイルの空間でひと休みインテリアとして使えるキノコやイニシャルのタイル、コースターの工作ができるDIYキットや材料、アクセサリーまで揃い、雑貨屋さんのようなワクワク感です。ミュージアムショップで買い物※掲載の価格はすべて消費税込みです。 ※掲載の内容は2017年3月現在の情報で、予告なく変更となる場合があります。1Fスワンタイルカフェ館内で見つけた素敵なタイルをピックアップ。宝さがし気分で見つけてみては。スワン工房のモザイクタイル体験では、「目地込み」にも挑戦できます。デザインしたタイルをボンドで貼り、上に目地をのせて隙間を埋め、軽く乾かして布で表面をツヤが出るまで拭き上げれば完成! 1~2時間かけてじっくりと鍋敷きや植木鉢を仕上げる方が多いそう。建築用モザイクタイル大手の日東製陶所が手掛ける、タイルづくしのカフェ。美濃卸団地内にある倉庫を改修し、床・壁・テーブルまで何と約14万枚のタイルを使用! 釉薬桶(ゆうやくおけ)を活用したランプシェードにも注目です。併設のスワン工房で本格的なモザイクタイルアート体験もできます。目地まで塗って仕上げる本格タイルアート面白タイルを探してみよう  部位のタイルを組み合わせた美しい鯉。現在この技術を受け継ぐ工場はなく、貴重な作品です。  お祭りのイベントとして俳優・原田大二郎さんがほぼ同じ場所から描いた笠原町の風景をタイルアートに。窓の外の風景と比べてみましょう。  モザイクタイルのカーテンをよく見ると、金魚やハートなど面白いタイルがいっぱい!左/ヨーロッパでは、はりねずみは幸せを運ぶシンボル。窓辺に置いてインテリアに。大972円、小648円。右/工作やDIYに適したモザイクタイルの詰め放題は3タイプ。540円。鯉が泳いでくるみたい!12341金運アップの象徴といわれる金魚。上からと横から描いたものがあります。2レトロでかわいい手洗い。販売商品です。3鷺(さぎ)の羽ばたく姿を描いたパステルカラーのタイル。撮影スポットのひとつです。4マリリン・モンローは2か所にありますが、こちらは絶妙な肌色が見事。水洗いや乾燥の過程はスタッフがサポート。コツをつかめば家のDIYに応用できそうです。SWANTILE café約14万枚のタイルが彩るカフェ&工房体験0岐阜県多治見市旭ケ丘10-6-1510572-26-9516 2カフェ11:00~17:00(17:30〜完全予約制) 3火曜 414台 7中央自動車道多治見ICから約7分 http://swantilecafe.jp/TILECAFE211:00~17:00(60~120分) 予約優先 6コースター500円、植木鉢1,000円、鍋敷き1,500円体 験データ体験できるママ活躍!AABCBC

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る