55fun_web_0115
13/15

15イスに座り、足裏を床につけて安定させ、胸の前で両手の指を組みます。組んだ手首をクルッと返し、息を吸いながら手の平を天井に向けるように上へ伸ばします。「夏こそ身体を温めよう」おうちヨガで気持ちよく夏バテ予防ヨガスタジオ フィレックスインストラクター:SATOKO取材協力第2回ネコのポーズ三角のポーズウエスト&ヒップの引締め、血行促進腰痛や便秘予防に効果を高める3つのポイント名古屋市名東区・緑区・長久手市にあるヨガスタジオ。ピラティスやバレトン、ママ&ベビーなど多彩なクラスを展開中。無農薬野菜のマルシェや、こだわりの調味料の販売など、ヨガと食を通して地域の皆様の健康に貢献することを目指しています。www.phylex.jp肩こり&頭痛に悩まされる中、体質改善を求めてヨガをはじめました。ヨガをすることで忙しい日常から少し離れ、自分と向き合う時間をもてる事が私には大切な時間に感じられます。是非、一緒に身体も心も温かくなりましょう。息を吐きながら手首をクルッと返し、胸の前まで下ろしながら手の甲で前方を押します。背中を丸めて、おへそをのぞきこむようにしましょう。1呼吸ずつこの動きを繰り返します。1 一呼吸一動作でゆったりと呼吸するごとに身体が温まってくることを実感してください。2 肩は常にリラックス肩に力が入りやすいので意識してゆるめましょう。3 ネコの背伸びのように背中を丸めるときは、おへそを天井に引き上げるようにするのがコツ。効果を高める3つのポイント1 身体の伸びを実感身体が上下左右均等に伸びるよう意識しましょう。2 上半身は真横に倒す上半身を横に倒すときは、足の前に倒れないように。3 膝はロックせず柔らかく無理をすると膝を傷めるので、膝は柔らかくまっすぐに。エアコンのきいた室内で長時間過ごしていると、内臓機能が弱まって食欲が落ちたり、手足が冷えて不調をきたすことがあります。夏バテ予防として、身体を内側から温めるヨガにトライ。簡単なポーズなので、ちょっとした時間に気軽にできます。12息を吸いながら背中を反らせ、首を伸ばして天井を見ます。この動きを呼吸とともに5セット繰り返したら、ゆっくりと動きを止め、四つんばいに戻りリラックス。息を吐きながら背中を丸め、頭を下げておへそをのぞき込みます。両手と両膝をついて四つんばいになります。両肩の下に両手首、腰の真下に両ひざをつき、目線は床に。頭の上から尾骨まで一直線になるよう意識します。112233214両足を大きく開いて、右足を外側に90度、左足を内側に45度ぐらいに向けます。骨盤、胸、おへそをマットと平行にし、両腕を肩の高さに上げて左右へ伸ばします。息を吐きながら、右手から引かれるように上半身をスライドさせます。さらに上半身を右へ倒していきます。左手は天井へ伸ばして、視線は鼻か左手の指先へ向けましょう。ここで優しく3~5呼吸繰り返します。右手は床につかなければ、スネやブロックの上でもOK。息を吸いながら、左手から引かれるように上半身を起こします。息を吐いて両腕を下ろし、足先を正面に戻し、足幅も閉じてリラックス。反対側も同じように繰り返します。イスでもできます

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る