55fun_web_0115
4/15

4ツーリングカヌーの先駆者・野田知佑さんが主宰する「川の学校」で経験を重ね、地元岐阜へ。鵜匠の元で船頭を務めた後、4年前から鮎の川漁師として生計を立てています。鮎を守り、伝統の漁法や舟・用具を受け継ぐべく活動中。澄んだ川底で上質な苔が育つ長良川は、天然鮎が生育する絶好の環境。長良川の天然鮎は「世界農業遺産」にも認定された逸品です。希少な天然鮎の塩焼は1尾2,500円前後! 「ぎふ長良川鵜飼」が行われる岐阜城下の重要文化的景観地区を、舟で行き来して自然を楽しむエコツアー「結ゆいの舟」が3年前からスタート。昼間、この地域を航行できるのはこのツアーだけという貴重な体験です。 「漁業で使う和舟に乗って、伝統用具である櫂かいで漕いだり、鮎の伝統漁法『手ていな投網』の実演を行っています」と話すのは、案内人の平ひらく工顕けんたろう太郎さん。鵜飼舟の船頭を経て、現役の鮎漁師として活躍する平ひらく工さんから、長良川に棲む魚や野鳥の知識、鵜飼の秘話まで聞くことができるので、生き物が大好きな子どもたちは目をキラキラと輝かせそうです。 さっそく木の漁舟に乗り込み、ツアーへ出発。はじめは揺れてヒヤヒヤしますが、平工さんがバランスを取ってくれるので大丈夫。櫂かいや棹さおを使う練習をした後は、舟でしか行けない中州に降りて、その場で獲れたピチピチの天然鮎に触ったり、浅瀬で水遊びを楽しめます。さらに上流の舟着き場で平工さん家族が出迎えてくれ、天然鮎の炭火焼きやオリジナルスイーツ、コーヒーでもてなしてくれるのもうれしいですね。 復路は流れの速い荒瀬を通ってスリルを満喫し、4㎞の舟旅は終了。長良川の魅力を五感で味わえる「結の舟」で、夏の思い出を心に刻んでみませんか。現役のイケメン川漁師が案内するプライベートなエコツアー「結ゆいの舟」案内人 平ひらく工顕けんたろう太郎さん「世界農業遺産」に認定された“清流 長良川の鮎”イケメン川漁師

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る