55fun_web_0115
8/15

8名和昆虫博物館なわこんちゅうはくぶつかん長良川うかいミュージアム 0岐阜市長良51-2 1058-210-155529:00~19:00(鵜飼シーズン以外は~17:00)3火曜(鵜飼シーズンの5/1~10/15まで無休) 467台(有料)6大人500円、15歳未満250円、4歳未満無料7東海北陸自動車道 岐阜各務原インターから約20分0岐阜市長良川右岸(長良橋周辺)1058-214-2182(岐阜市公園整備課)430台(無料) 6無料7東海北陸自動車道 岐阜各務原 インターから約25分0岐阜市大宮町2-18 1058-263-0038 210:00~17:003水・木曜(夏休みは無休)4岐阜公園195台(有料) 6一般500円、子ども400円7東海北陸自動車道 岐阜各務原インターから約20分 1,300年続く鮎漁「ぎふ長良川鵜飼」の伝統文化を“広める・伝える・護る”ため、2012年8月に誕生。館内は闇と光で演出された幻想的な世界が広がります。シアターで鵜飼の様子を体感できるほか、鵜匠が身に着ける装束や道具の展示、鵜飼にまつわるクイズ・大型すごろくなどがあり、新たな発見がありそう。外には本物のウミウ(海鵜)もいます! 昆虫の定義とは「頭部・胸部・腹部の3つに分かれ、6本の足をもつこと」。ギフチョウを発見した名和靖さんが設立した同博物館は、昆虫専門で約100年の歴史があり、しかも個人運営というユニークな博物館です。約1,000種3,500頭もある標本は「美しい、カッコイイ、何だコレは」と感じられるよう工夫して展示され、まるでアートのよう! 1階の展示室を見たら、2階にある13問のクイズに挑戦してみよう。鵜飼をイメージした幽玄の世界には、「なるほど!」がいっぱい約1,000種3,500頭の昆虫に出会える、日本最古の昆虫博物館上)生の「ヘラクレスオオツノカブト」は迫力満点! 下)中南米に生息する「モルフォチョウ」を500頭ほど集めた圧巻の展示。ピカピカ輝く青い羽は1㎞先からも視認できるとか。「登録有形文化財」の岐阜県第1号に認定された、建築家「武田五一」設計の建物にも注目。左)臨場感あふれる音と映像で鵜飼を体感できる「ガイダンス シアター」。(上映時間10分)。 中)大きなウミウの後ろにクイズが。俊敏な鮎をつかめる秘訣は「鵜の目鷹の目」と表現されるほど良い視力のおかげ! 右)2階の「景観ラウンジ」は入館無料。長良川と岐阜城を涼しく眺められる穴場です。点在する謎の箱型展示の中は…かなり個性的。勇気のある人だけ開けてみよう。 長良川河川敷の長良橋~忠節橋にある、往復5㎞のランニングコース。2000年シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さんが高校時代にトレーニングしていた地にちなんで命名されました。シューズと足形のモニュメントがあるので、偉業にあやかってみませんか。マラソンランナー必見長良川 「高橋尚子ロード」Topicsphoto:C-HR G-T

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る