56fun_web_0115
6/15

6家族で変身たまねぎの聖地で 「うずの丘 大鳴門橋記念館」はグルメだけでなく、淡路島名物のたまねぎ愛に満ちた面白い仕掛けが話題のスポット。無料のたまねぎかつらをかぶって、ビッグなモニュメント「♯おっ玉葱」の前でパチリ。クレーンゲームの景品をたまねぎにした「たまねぎキャッチャー」では、1個取れたらたまねぎ1.2㎏前後※と交換してくれます。恥ずかしがらずに„たまねぎ家族“になれば、笑顔の思い出がまた増えるはず。※季節によりキロ数が変わります。1.たまねぎキャッチャーは1回100円。横向きのたまねぎを狙うのがコツです。 2.コミカルなかつらを三世代でかぶる家族も。 3.顔出しパネルで文字の一部に。「淡路島たまねぎかりんと。」「淡路島うずしおかりんと。」「自擬雫塩かりんと。」各432円たまねぎパウダーや島の自然塩を効かせたサクサクの食感が美味。「うず塩のり」540円淡路島産ののりに塩をまぶした韓国のりのような風味。スナック感覚でいただけます。「佐古水産のちりめん山椒」648円南あわじ市で取れたしらすを水揚げから加工まで行うので新鮮。実山椒が香るごはんのお供です。「いもポタ。」「おにポタ。」各648円お湯で溶かせばとろーりおいしいポタージュに。いもポタは鳴門金時の、おにポタはたまねぎの甘みがたまりません。「クレイジーオニオンジャム」「ファンキーオニオンディップ」 各750円飴色たまねぎのコクとショウガや黒コショウのスパイシーさが相まった大人のジャムは肉料理やパスタの隠し味に。ディップは野菜や揚げ物をつけて。300点以上のアイテムがそろう「ショップうずの丘 味市場」。同館と道の駅うずしおでしか手に入らないというお土産がずらり。たくさんの試食品から試せるのがうれしいですね。味も見た目も◎なお土産探しを楽しめます。ここだけのおしゃれなパッケージ!地元産のオリジナル商品高さ2.8m、重さ250㎏のビッグ玉ねぎ!231

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る