HYBRIDS_vol14
4/14

4 『グランピング』とは、最近アウトドアシーンに彗星のごとく現れ、注目を集めている新しいアウトドアのスタイル。『グラマラス』×『キャンピング』を合わせた造語で、贅沢にキャンプを楽しむという意味を持ち、これまでになかったリゾートスタイルを表現している。 日本では歴史の浅いグランピングだが、海外での発祥は19〜20世紀の初頭。イギリスやフランスの貴族たちが植民地に統治者として赴任する際、総統府等の宮殿を建てるまでの期間を、限りなく宮殿に近い快適なテントで暮らしていたのが始まりだとされている。 そのグランピングを本格的に楽しめる日本初の施設が、2015年10月にオープンした『星のや富士』。1980年代にアメリカでグランピングを体験し、「いつかこんなリゾートを日本でも!」と構想を温めていた星野リゾートの代表が、2009年に河口湖を見下ろすこの土地に出会ったことで実現したグランピング・リゾートだ。 大自然の中でアウトドアを満喫できるキャンプに興味はある。キャンプの醍醐味とも言える焚き火を囲んだひとときや戸外での食事にも憧れる。しかし、キャンプはギアの用意も当日の準備も大変。暑かったり、寒かったり、虫がいたりという環境も気にかかる。そんな人にこそ、おすすめしたいのが、このグランピングである。大自然をワイルドに楽しみながら、ラグジュアリーなホテルの快適さも享受する。ここには、圧倒的な非日常が待っている。 『星のや富士』が考えるグランピングの要素忙しい日常から、圧倒的な非日常へ。ここには、世界に一つだけの時間がある。あふれる自然を、都会的な空間で楽しむ。新しい、グランピングという発想。

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る