エンジン・ハイブリッド

1.5L小型ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムの効率を一段と高めました。
1.5L小型ハイブリッドシステム

モーターとエンジンの長所を最大限活かしながら、低燃費と優れた走りを両立するTHSⅡ*1。モーターやエンジン、インバーターなどの制御を改良することで、さらに燃費性能を高めました。
■写真はイメージです。
◆1.5Lエンジン(1NZ-FXE) 燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンとクールドEGR*2(排出ガス再循環)システムの採用で、高いエンジン効率を実現。低燃費とハイパワーを両立しています。

◆昇圧コンバーター付パワーコントロールユニット バッテリーの直流電流とモーター発電用の交流電流を最適に制御するユニット。インバーター、コンバーターともに小型・軽量化し、さらにハイブリッド制御性能を向上させることで低燃費を実現しています。

◆ラジエーター エンジン&インバーター一体型ラジエーターを採用。小型・軽量化に貢献しています。

◆ハイブリッドトランスアクスル 駆動用・発電用モーターと動力分割機構などで構成されたトランスアクスル。ギヤトレーンを最適設計することで、小型・軽量化を達成。動力の伝達ロス低減も実現しています。

◆ハイブリッドバッテリー 駆動用モーターに最適な電力を供給するコンパクトタイプのバッテリー。リヤシート下に配置することで、ラゲージスペースのゆとりを確保しています。

◆ECB(電子制御ブレーキシステム) 油圧ブレーキと回生ブレーキの制動力分担を最適制御するECBにより、運動エネルギーの回収量(充電量)を最大化。


*1. THSⅡ:Toyota Hybrid System Ⅱ
*2. EGR:Exhaust Gas Recirculation

アクアドライビングレポート。
ハイブリッドシステムの動作モードイメージ*1

街も山も、昼も夜も、北も南も、日本中を駆け巡っているアクア。多くのシーンに散りばめられた嬉しさと、そのメカニズムをレポートします。
'.$imgobj_pc['alt'].'
静かにスーっと動き出す

アクセルを踏むと、モーターだけ*2で発進。静かで排出ガスも出しません。
'.$imgobj_pc['alt'].'
フツーに走っているだけで低燃費

エンジンとモーターを最適な効率で走行。発進から中速走行時には、エンジンが始動せず、モーターのみ*2で走行できます。
'.$imgobj_pc['alt'].'
ブレーキ時に充電できるからムダがない

車輪がモーターを駆動し、発電。減速時のエネルギーを効率よく回収し、バッテリーに充電します。
'.$imgobj_pc['alt'].'
渋滞にハマっても燃費の不安が軽く済む

停車時はアイドリングストップ。信号待ちなどの停車時では、ガソリンを消費しません*3。エンジン停止中でもエアコン(冷房)が使えるので快適です。
'.$imgobj_pc['alt'].'
爽快なトップクラス*4の加速

加速時はエンジン+モーターのダブルパワーで駆動力がアップ。トップクラス*4の加速性能を誇ります。
'.$imgobj_pc['alt'].'
エンジン+モーターのダブルパワーでラクラク

登坂時はモーターからのパワーが加わり、駆動力がアップ。
'.$imgobj_pc['alt'].'
深夜でもご近所に迷惑をかけずに帰宅

EVドライブモードスイッチを押せば、モーターのみで静かに走行します。
*1. ハイブリッドシステムの状態や走行状況により、実際の動作モードとは異なる場合があります。
*2. 状況に応じてエンジンが作動している場合があります。
*3. ハイブリッドバッテリーの充電量が少なくなると、停車時でもエンジンの運転は継続され、発電用モーターを駆動させてハイブリッドバッテリーを充電します。外部からの充電は一切必要ありません。また、暖房時や使用状況に応じてエンジンがかかることがあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
*4. 同排気量クラスでの比較。
*5. ハイブリッドシステムの状態によっては使用できない場合があります。また、走行距離は、ハイブリッドバッテリーの状況によって異なります。
■写真はハイブリッドシステムのイメージで、実際とは異なる場合があります。
■寒いときは、排気熱回収器*6により、排気熱をエンジン暖気に利用。暑いときは、空調制御&電動インバーターコンプレッサーで、エアコンのエネルギーロスを低減。ムダなく効率よくハイブリッドシステムを動作させます。
■ハイブリッドシステムは特別なメンテナンスや充電の必要はありません。普通のクルマとまったく同様にお使いいただけます。
*6. 排気熱回収器は寒冷地仕様に含まれます。

妥協はしません。アクアですから。
クラストップレベル*1の低燃費

クラストップレベル*1の低燃費
ハイブリッドシステム
最高出力 73kW(100PS)*2

1.5Lエンジン(1NZ-FXE)
最高出力[NET] 54kW(74PS)/4,800r.p.m.
最大トルク[NET] 111N・m(11.3kgf・m)/3,600-4,400r.p.m.

1LMモーター
最高出力 45kW(61PS)
最大トルク 169N・m(17.2kgf・m)

*1. 2018年4月現在。ガソリン乗用車コンパクトクラス。トヨタ自動車(株)調べ。
*2. エンジンとモーターにより、動力性能として発揮できる出力。トヨタ自動車(株)算定値。

走行性能

S

高速道路や峠道でオッ!と感じる。路面に吸いつくような安定感のある走り。
操縦安定性

車体の重心を低く下げ、エンジンなどの重量物をできるだけ車体の中央に寄せることで、高度な操縦安定性を実現しました。路面に吸い着くような安定感のある走りを楽しめます。前・後輪間のロングホイールベース化も、高速走行時などでの安定した走りに貢献しています。

1. 低い重心高とドライビングポジション 車両の低重心化に加え、ドライビングポジションも低く設定。
2. ハイブリッドユニット・エンジンの低配置化 小型化したハイブリッドユニット・エンジンを低い位置へ搭載。
3. ハイブリッドバッテリー搭載位置の最適化 ホイールベースの内側(低く・センター)に小型化したバッテリー類を搭載。
4. 前・後輪間のロングホイールベース化 とくに高速走行時に、安定感のある走りと快適な乗り心地を両立。
5. ボディ剛性アップ ボディのねじり剛性を高め、コーナーなどでの安定性や乗り心地を向上。