安全性能 

予防安全

起こりうる事態を、あらかじめ想定しておくことでリスクをコントロールする。
レーンディパーチャーアラート [作動イメージ]

レーンディパーチャーアラート*1[LDA]

道路上の白線(黄線)をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ディスプレイ表示とブザーにより注意を喚起します。

*1.車線逸脱警報
■本システムは幅約2.5m以上の車線を自車速度50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
■レーンディパーチャーアラート[LDA]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式) [作動イメージ]

衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポート。
プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速します。また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動。先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減します。

■本システムは自車速度15km/hおよび相対速度10km/h以上で作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
■数値はトヨタ測定値。
ブラインドスポットモニター [作動イメージ]

車線変更時の後方確認をアシスト。
ブラインドスポットモニター[BSM]

隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。

■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
■ブラインドスポットモニター[BSM]は、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
ドライブスタートコントロール

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、被害を軽減。
ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突し慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、ディスプレイ表示で注意を促すとともに、モーター出力を抑えます。
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付) レーダークルーズコントロールスイッチ

ついていくをサポート。
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

高速道路などでミリ波レーダーセンサーからの情報によって、先行車を認識。設定速度内で速度に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行できます。また設定速度で定速走行が行えるクルーズコントロールへの切り替えが可能です。

■ 車間距離制御には限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
■ 高速道路や自動車専用道路で使用してください。
■ 道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
 
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
定速制御
希望の速度(約50km/h~100km/h)をレーダークルーズコントロールスイッチでセットすることにより定速走行を開始。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
減速制御
自車線上に自車より遅い先行車を検知すると、モーター出力を抑制し減速。より大きな減速が必要な場合はブレーキ制御を行います。充分な減速をしないまま先行車に接近した場合は、ブザーを鳴らし、ドライバーの操作(ブレーキ等)を促します。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
追従制御
減速制御後は先行車の速度変化に合わせて、ドライバーの選択した希望の車間距離(3段階)になるように追従走行します(ただし速度上限は設定速度まで)。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
加速制御
先行車が車線変更などでいなくなった場合は、設定速度までゆっくり加速し、定速走行に戻ります。
クリアランスソナー&バックソナー

超音波で障害物の存在を検知。
クリアランスソナー&バックソナー

超音波センサーを利用して、車両前方や車両後方の障害物を検知。障害物と接近部位の位置を、ディスプレイ表示すると同時にブザーによりドライバーに注意を促します。

■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
番号あり_4灯式LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)/LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)/オートマチックハイビーム

省エネに貢献する明るく賢いランプ。

【1】4灯式LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)
白く発光し視認性を高めるLEDをヘッドランプのすべての光源に採用しています。ロービーム選択時は2灯、ハイビーム選択時は4灯が点灯します。

【2】LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)
昼間における被視認性をさらに高めるとともに先進的な表情を演出。整流効果のあるデザインが、空気抵抗の低減にも貢献しています。

【3】オートマチックハイビーム
夜間走行時に、室内カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、ドライバーの前方視界確保をアシストします。先行車や対向車、街路灯などを検出するとハイビームからロービームへ自動的に切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減します。

■時速30km以上で作動します。
■ロー・ハイビームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
リヤフォグランプ

悪天候時に、自車の存在をアピール。
リヤフォグランプ

雨、雪、霧などの走行時に後続車からの被視認性を高める埋め込み型のリヤフォグランプです。フィン形状のリヤバンパースポイラーと一体となったデザインが、後姿をより印象的に見せます。

■[寒冷地仕様とセットでメーカーオプション]
緊急ブレーキシグナル

急ブレーキの危険を後続車に知らせる。
緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性を低減します。

■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
車両接近通報装置

歩行者にクルマの接近を知らせる。
車両接近通報装置

発進から車速約25km/hまでの走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチ操作でON/OFFが可能。なお再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。
フレームレス自動防眩インナーミラー

後続車のライトの眩しさを緩和。
フレームレス自動防眩インナーミラー

周囲の光と後方からの光の差に応じて鏡面の反射状態を変化させます。後続車のヘッドランプなどによる視認性の低下を軽減します。またフレームレス化により、広々とした視界を実現しています。
全方位コンパティビリティボディ構造

さまざまな状況における安全性を確保。
全方位コンパティビリティボディ構造

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA*1”は、重量・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティ*2の概念を取り入れ進化しています。

*1.GOA:Global Outstanding Assessment(クラス世界トップレベルを追求している安全性評価)
*2.軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全性を図るという考え方。
歩行者傷害軽減ボディ

歩行者の安全にも配慮を。
歩行者傷害軽減ボディ

フードインナー、カウル部・バンパーなどに衝撃吸収緩和構造を採用しています
ヒルスタートアシストコントロール

坂道発進の不安を解消。
ヒルスタートアシストコントロール

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。