ヒヤリに備える5つの柱。
衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)

運転中の「ヒヤッ」に備えて、先進の安全機能を前にも後ろにも搭載しています。
[カスタムG-T、カスタムG“S”、G-T、G“S”、X“S”に標準装備]
衝突回避支援ブレーキ機能

衝突回避支援ブレーキ機能*1

低速から中速まで広い車速域で、先行車との衝突の危険性が高まった場合に緊急ブレーキで減速。衝突回避または、被害軽減をサポートします。

*1. 緊急ブレーキの対象は車両のみとなります。
作動条件:約4〜約50km/hで走行中、前方約20m以内に車両があることをレーザーレーダーが検知している場合(速度差約30km/h以内)。
⚠衝突回避支援ブレーキ機能の作動対象は車両です。歩行者は対象としていません。対車両であっても車速約50㎞/h以上では緊急ブレーキは作動しません。また作動速度域の約50㎞/h以下であっても、先行車との速度差が約30㎞/h以上ある場合は作動しません。
■状況によっては、緊急ブレーキが作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。 ■緊急ブレーキ作動中にステアリングを切ったり、アクセルペダルを踏んだ場合には、緊急ブレーキを解除する場合があります。 ■衝突回避により、車両停止後、緊急ブレーキは解除されます。クリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。 ■衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車に作動します。ただし、二輪車や歩行者、電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。 ■車両、バイク、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。 ■図は作動イメージです。
誤発進抑制制御機能

誤発進抑制制御機能

約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザーとメーター、ディスプレイ表示でお知らせします。

誤発進抑制制御機能 レーザーレーダーにより、前方に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。 作動条件:前方約4m以内に障害物等があることをレーザーレーダーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合。

後方誤発進抑制制御機能 ソナーセンサーにより、後方に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。 作動条件:後方約2〜3m先までに壁などの障害物があることをソナーセンサーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合。

■エンジン出力を制限することで、急な発進を抑えます。 ■ステアリングを切ったり、ターンシグナル(方向指示灯)を点滅させていると、右左折の意志があると判断し、システムは作動しません。 ■制御時間には制限があります。一定時間アクセルペダルを踏み続けるとアクセル操作に応じて加速しますのでご注意ください。 ■図は作動イメージです。
衝突警報機能(対車両・対歩行者)

衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

作動条件(対車両):約4〜約100km/hで走行中、前方約80m以内に車両があることを単眼カメラまたは、レーザーレーダーが検知している場合(速度差約60km/h以内)。

作動条件(対歩行者):約4〜約50km/hで走行中、前方約40m以内に歩行者がいることを単眼カメラが検知している場合。

■車両、バイク、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。 ■歩行者が大きな荷物を持っているなど、単眼カメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。 ■図は作動イメージです。
車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能

道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促します。

作動条件:約60km/h以上で走行中、単眼カメラが車線を検知している場合。

■道路上の車線がかすれていたり、汚れたりしている場合は、作動しません。 ■ターンシグナル(方向指示灯)を使用している時は作動しません。 ■図は作動イメージです。
先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

■ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します(シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します)。 ■前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。 ■図は作動イメージです。
⚠■スマートアシストⅡに頼った運転は、絶対に行わないでください。スマートアシストⅡは、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車との車間距離や、周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど車間距離を保ち、安全運転を心がけてください。 ■スマートアシストⅡの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。 ■フロントワイパースイッチを低速(LO)以上で使用中は、システムは作動しません[後方誤発進抑制制御機能は高速(HI)で作動停止]。 ■雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によっては単眼カメラ、レーザーレーダー、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。 ■作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。 ■このほか、スマートアシストⅡについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。■スマートアシストⅡの詳細は、おたずねください。
'.$imgobj_pc['alt'].'
明るい光で安心ドライブ。
LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)/LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ
先行車・対向車への眩惑防止に配慮したオートレベリング機能付のLEDヘッドランプと、霧の発生など悪天候時の視界確保をサポートするLEDフロントフォグランプを採用しました。

[LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)はカスタムG-T、カスタムG“S”、カスタムGに標準装備。G-T、G“S”、Gにメーカーオプション。LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプはカスタムG-T、カスタムG“S”、カスタムGに標準装備。その他のグレードにメーカーオプション]

■写真はカスタムG-T。
'.$imgobj_pc['alt'].'
点灯忘れを防止。
コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)
車外の明るさに応じて自動的にヘッドランプなどを点灯・消灯。夕暮れ時やトンネルなどで役立ちます。
'.$imgobj_pc['alt'].'
後続車に急ブレーキをお知らせ。
緊急ブレーキシグナル
急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅。被視認性を高めた大きなランプで後続車に注意を促し、追突される可能性の低減に寄与します。

急なハンドル操作や横滑りに対応。
VSC&TRC

VSC*1は、雨や雪で滑りやすい路面などで横滑りが発生した時、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし、車両安定性を確保。発進・加速時にはTRC*2がタイヤの空転を抑えてアクセル操作をしやすくします。

*1. VSC:Vehicle Stability Control
*2. TRC:Traction Control

■道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■図は作動イメージです。

 
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
左図
VSCなし:前輪の横滑りが発生した状態
VSCあり:外側にふくらむ現象の抑制に寄与

右図
VSCなし:後輪の横滑りが発生した状態
VSCあり:車両のスピンの抑制に寄与
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
VSCなし:横滑りが発生した状態
VSCあり:車両の挙動を安定
SRSエアバッグシステム

6つのエアバッグで万一に備える。
SRSエアバッグシステム

A:SRS*1エアバッグ(運転席・助手席)
B:SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
C:SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

[SRSエアバッグ(運転席・助手席)は全車に標準装備。SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)は全車にメーカーオプション]

*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System

■SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。 ■すべてのSRSエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。 ■SRSエアバッグのイラストは機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。 ■SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。 ■チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
あらゆる方向からの衝突を想定。
衝突安全ボディ
前・後ろ・横からの衝突実験を実施。衝撃を効率よく吸収・分散するボディと強固なキャビンで、十分な客室空間を確保します。

■写真は説明のために着色したものです。
'.$imgobj_pc_2['alt'].'
歩行者にもやさしい設計。
歩行者傷害軽減ボディ
A:衝撃吸収カウル構造
B:衝撃吸収ワイパーピボット構造
C:衝撃吸収フェンダー構造
D:衝撃吸収ボンネット構造
E:衝撃吸収バンパー構造

万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しました。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。