安全性能

Toyota Safety Sense P


安心と信頼の走りを実現する実安全を追求。

実安全の追求から生まれた、4つの先進安全機能。
 

Toyota Safety Sense P

トヨタの最上級SUVにふさわしい総合的な安全性能を実現。
Toyota Safety Sense P

事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の歩行者検知機能を搭載した衝突回避支援パッケージ。それが、“Toyota Safety Sense P”です。車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の高い事故に対応する4つの先進安全機能をパッケージ化しました。同時に、各機能の信頼性を高める高精度な検知センサーを搭載。いま最先端の技術革新の成果を組み入れ、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。
Toyota Safety Sense P 単眼カメラ
クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。

“Toyota Safety Sense P”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。
プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報と表示で知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては約10km/hから作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減を支援します。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
■数値はトヨタ測定値。

先行車との車間距離を保って追従走行。
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

ミリ波レーダーからの情報により、先行車を認識。設定した車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行ができます。

■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■設定可能な速度領域:約50~100km/h
レーンディパーチャーアラート

車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。
レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラート*1は道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

*1.車線逸脱警報。
■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
オートマチックハイビーム

夜間の歩行者の早期発見に貢献。
オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h以上で作動します。
■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
JNCAP

JNCAP*1予防安全性能評価*2において、2015年度最高ランクの「ASV+」を獲得*3

*1.自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2.予防安全性能評価:
JNCAPに2014年度より導入され、以下の項目により車両の予防安全性能を、2014年度、2015年度は「ASV」、「ASV+」の2段階、2016年度から「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。
①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>
②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>
③後方視界情報提供装置<バックモニター等>(2015年度から追加)
④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティシステム>(2016年度から追加)
*3.Toyota Safety Sense P 搭載およびオプション(マルチビューバックガイドモニターorバックガイドモニターorバックモニター)装着車

予防安全

4WD性能と並び称されてきた、ランドクルーザーの安全性能。

車線変更時の後方確認をサポート&後退時の死角を検知し注意喚起。
ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニター
隣の車線を走る車両をレーダーで検知。ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。

[ZXに標準装備。AX“Gセレクション”、AXにメーカーオプション]

■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
リヤクロストラフィックアラート
リヤクロストラフィックアラート

駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーおよびナビ画面内の表示によりドライバーに注意を喚起します。

[ZX、AX“Gセレクション”、AXにメーカーオプション]

■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
■リヤクロストラフィックアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。

 
マルチテレインモニター[オンロード走行時(H4モード時)]

上から見下ろすように、まわりの安全を確認。
マルチテレインモニター[オンロード走行時(H4モード時)]

車両の前後左右に搭載した4つのカメラから取り込んだ映像を継ぎ目なく合成してナビ画面に表示。シフト操作とも連動して表示するため、運転席からの目視だけでは確認しにくい車両周囲の状況を、リアルタイムでしっかり確認できます。

[T-Connect SDナビゲーションシステム装着車にメーカーオプション]

【1】駐車時の安全確認をサポート
パノラミックビュー&バックビュー【Rポジション時】

【2】リヤ左右方向の状況確認をサポート
ワイドバックビュー【Rポジション時】

【3】発進時の交差点などで左右方向の状況確認をサポート
パノラミックビュー&ワイドフロントビュー【D・Nポジション時】

【4】路肩への幅寄せやすれ違いをサポート
両サイドビュー【D・Nポジション時】

■マルチテレインモニターを選択した場合、補助確認装置(2面鏡式)は非装着となります。
■カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。また、車両状態によっては映像がずれる場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。
クリアランスソナー&バックソナー

駐車時の接触や衝突の回避に貢献。
クリアランスソナー&バックソナー

超音波センサーを利用して車両前方コーナー部や車両後方の障害物を検知。障害物との距離と位置をマルチインフォメーションディスプレイに表示し、同時にブザーでドライバーに知らせます。

[除くGX]
■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
タイヤ空気圧警報システム(TPWS)

タイヤの空気圧低下をいち早くお知らせ。
タイヤ空気圧警報システム(TPWS)

4輪+スペアタイヤ(車両装着タイヤ)それぞれの空気圧をマルチインフォメーションディスプレイ内に表示するタイヤ空気圧警報システム(TPWS*1)を設定。燃費向上に寄与します。

[ZX、AX“Gセレクション”、AXにメーカーオプション]

*1.TPWS:Tire Pressure Warning System
■冬タイヤとの併用を考慮し、2セット分のタイヤを登録することが可能。
ヘッドランプ(LED[ハイ・ロービーム]/オートレベリング機能付+LEDクリアランスランプ)

良好な視界を確保し、燃費の向上にも貢献。
LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)

高輝度で点灯速度が速く、しかも消費電力の少ないLEDをハイ・ロービームに採用。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化にかかわらず照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。またLEDクリアランスランプ(デイライト併用)は、ライン発光させることで先進感を演出し、他車からの被視認性も高めます。

LEDヘッドランプ(ハイビーム/ロービーム)[除くGX]

LEDヘッドランプ(ロービーム)[GXに標準装備]
ヘッドランプクリーナー

ヘッドランプを洗浄し、照射性能を確保。
ヘッドランプクリーナー

降雪時やオフロード走行後など、ヘッドランプに付着した汚れを洗浄液を噴射して洗い落とします。

[全車にメーカーオプション]
緊急ブレーキシグナル

後続車に急ブレーキ時の注意を喚起。
緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促します。
リヤフォグランプ(左右)

視界が悪い状況でも存在を後続車にアピール。
リヤフォグランプ(左右)

雨や霧などでの走行時に後続車からの被視認性を高めます。

[全車に寒冷地仕様とセットでメーカーオプション]
VSC

滑りやすい路面などでの車両安定性を確保。
VSC

VSC*1は、急激なステアリング操作や滑りやすい路面などで発生する車両の横滑りをセンサーが検知。各輪のブレーキとエンジン出力を制御し、車両安定性を確保します。

*1.VSC:Vehicle Stability Control
EBD付マルチテレインABS&ブレーキアシスト

車両状態・路面状況ごとに適切にブレーキを制御。
EBD付マルチテレインABS&ブレーキアシスト

ブレーキをかけた際のタイヤのロックを防止するABS*1機能に加え、車両状態に応じて各輪に適切な制動力配分を行うEBD*2機能を採用。さらに、マルチテレインABSが、ダート路・砂利路・砂地路などオフロードにおいても、優れた制動性能を確保します。また、緊急ブレーキを感知した際に強い制動力を発生させるブレーキアシスト*3も搭載しています。

*1.ABS:Anti-lock Brake System
*2.EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
*3.アシストが必要なときには、ブレーキペダルを踏み続けてください。
■急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。

衝突安全

絶大な信頼感が、安心の走りに直結します。

10個のエアバッグが衝突時の被害を軽減。

SRS*1エアバッグおよびSRSニーエアバッグは、前席乗員に重大な危害が及ぶような強い衝撃を車両前方から受けたときに作動し、シートベルトが身体を拘束する働きと合わせて、乗員の頭や胸の上体、膝などの下肢に作用する衝撃力を分散・緩和させ、衝撃を軽減します。SRSサイドエアバッグは、車両側方からの衝突により強い衝撃を受けた場合、乗員の胸部への衝撃を緩和。SRSカーテンシールドエアバッグは、フロントピラー、ルーフサイドレール部に格納されたエアバッグが、乗員頭部の側面を覆うように広がり、頭部への衝撃を緩和します。また、ドライバーの意思によって車両を大きく傾けて走行するときに作動の有無を選択できるRSCA*2OFFスイッチを設定しています。

*1.SRS(乗員保護補助装置):Supplemental Restraint System
*2.RSCA(ロールオーバー対応カーテンシールドエアバッグ):Roll Sensing Curtain shield Airbag
■チャイルドシートなどを助手席に装着するときは、後ろ向きにしないでください。また、前席にはランドクルーザー専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
■SRSエアバッグは、シートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
■デュアルステージSRSエアバッグ、SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。
■SRSカーテンシールドエアバッグは、車両が大きく傾いた場合、車両が横滑りし縁石等に衝突して強い衝撃があった場合、作動することがあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
■SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、実際の側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。
■SRSカーテンシールドエアバッグは、車両の「横転、転覆」時には両側とも膨らみます。
■写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。
全席ELR付3点式シートベルト&ヘッドレスト

すべての席で安心を確保。
全席ELR付3点式シートベルト&ヘッドレスト

万一の衝突時も、客室空間を確保。
衝突安全性

万一の衝突の際には、乗員の客室空間を確保するために、客室の変形を極力抑えるとともにフレームのオフセット量を低減し、衝突時の衝撃を効率よく吸収する構造としました。軽度の衝撃にはサスペンション取り付け部から前方が折りたたまれるように潰れ、吸収しきれない衝撃力が加わったときはキャビンより前方が折りたたまれるように潰れるクラッシャブル構造を採用。キャビン接続部のフレーム変形を極力抑えています。
歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造

歩行者の安全にも配慮したボディ。
歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造

ボディ前面(フード・フェンダー・カウル部など)に衝撃吸収構造を採用。万一の際、歩行者の頭部などへの衝撃を緩和します。
アクティブヘッドレスト(運転席・助手席)

むち打ち傷害の軽減に寄与。
アクティブヘッドレスト(運転席・助手席)

後方から衝突された際に頸部への衝撃を緩和します。衝突により乗員の腰がシートバックを押すことで作動し、ヘッドレストが斜め上方へ移動。乗員の頭部を素早く受け止めます。

[除くGX]

■アクティブヘッドレストは衝突の条件によっては、作動しない場合があります。

お子様とのドライブに確かな安心。
汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー+トップテザーアンカー付(セカンドシート左右席)

ISOFIX対応*1の固定専用バーに加え、チャイルドシートの背もたれ上部を固定するトップテザーアンカーも標準装備しました。

*1.国際標準化機構(ISO)規格のチャイルドシート固定方式。
■汎用ISOFIX対応チャイルドシート(新保安基準適合)のみ装着可能です。ご使用に関しては、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。また、汎用ISOFIX対応の認可を受けていないチャイルドシートはシートベルトでの装着となります。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。